MENU

出会い系サイトの架空請求の謎と撃退法

使った覚えのないサイトや身に覚えのない利用料を請求されることを架空請求といいます。その額は未払金に退会手数料・事務料などを合わせて2?3万円から高額になると10?30万円のものまでありますが、まともな出会い系がこのような高額な請求をすることはまずありません。

 

こうした架空請求をする業者は出会い系だけではなく、最近は懸賞サイト・占いサイト・デコメ、着うたサイト・SNSなど様々なところに潜んでいますから、その仕組みと撃退法を知って万が一に備えておきましょう。

最善策は「何もしない」こと

ほとんどの架空請求はコンピューターで自動配信されていますので、あなただけに送っているわけではありません。もっともらしいメールを作成してそれをあちこちから集めてきたメールアドレスに向けて大量送信し、そこにかかってくるカモを待っている状態です。

 

つまり心細くなって返信をしたり問い合わせをしてしまうと恰好のターゲットになってしまいますから、何もしない、つまり無視をすることが最善策なのです。これはもちろん電話でも同じですので、そのまま切ってしまって構いません。しつこく掛け直してくる場合には「今から警察に行くので、そこでお話ししましょう」とでも言えば相手側は慌てて電話を切るでしょう。

請求内容は嘘のオンパレード

架空請求の文面には、なんだかヤバそうなことが難しい文言で書かれています。

 

「債権の回収委託を受けた…」
「財産の差し押さえの執行…」

 

架空請求はいわゆる悪質な詐欺ですので、利用者からなんとか金を騙し取ろうと嘘八百を並べてきます。仰々しい言葉は普段目にしないだけに一瞬怯んでしまうかもしれませんが、これらは全て嘘のオンパレードですから気にすることはありません。

 

また家や職場に直接回収に行くと言ったり脅迫めいたことを言ってくるケースもありますが、これは立派な脅迫罪となります。もちろんあなたの家や職場など知るわけもありませんので、脅しに引っかからないように気をつけてください。

一度でも払えばカモの仲間入り

あまりのしつこさに「2、3万円で済むのなら…」と払ってしまう人がいますが、一度でも払えばいいカモとして骨までしゃぶり尽くされます。払うという行為は相手の言い分を認めたことになりますから、相手は言い方やアプローチ法を変えてあの手この手で請求をしてくるようになるでしょう。

 

また悪質な詐欺業者は色んな詐欺サイトを運営していますから、あっちからこっちから、色んなサイトから架空請求をされるようになってしまいます。このようなケースを防ぐためには、絶対に架空請求に払わないようにしてください。

 

100人以上のヤリマン女とセックスできた出会い系サイト!タダでやらせてくれる女をゲット!

このページの先頭へ