MENU

初心者必見!出会い系サイトの注意事項

出会い系はセフレの宝庫であるとともに、サクラや詐欺などの危険要素も存在しています。それなら怖くて利用できない、と思うかもしれませんが、これは出会い系だけでなく懸賞サイトやランキングサイトなどどのようなサイトにも言えること。ただ出会い系のトラブルがマスコミにとって大きく取り上げられたため、出会い系イコール危ないという風に認識されているだけのです。

 

しかし初めて出会い系を利用する初心者は少なからず不安もあることと思います。ここでは出会い系注意事項を分かりやすく解説していますので利用前の参考にしてくださいね。

ある程度知ってから会う

すぐにでも会ってセックスしたい気持ちは分かりますが、相手のことをよく知りもしないで会うのは大変危険です。相手は女だから大丈夫なんて甘く見ていると、美人局の被害に遭う可能性もありますし、どんな詐欺が待ち受けているか分かりません。

 

普通の出会いを考えれば分かる通り、通常は出会ってお互いのことを徐々に知っていき、仲良くなって会おうという流れになります。これは出会った場所が出会い系でも同じことですので、お互いのことをよく知りもしないのに相手がすぐに会おうとする時は何かあると疑ったほうがいいでしょう。

条件ありやお願いありは避ける

出会い系における「条件あり」や「お願いあり」は援助交際のサインです。つまりセックスできるからお金を頂戴、と言っていますので、タダマンができない相手だということ。もちろん出会い系で「客」を探している援交女は会ったところで大したことのないレベルがほとんどですので、お金を出すなら風俗に行ったほうがマシです。

 

こう言うビッチはお金をもらってセックスすることに慣れていますから、行為も雑で事務的、興ざめすること間違いありません。出会い系では素人のビッチを探すようにしましょう。

間違っても家に連れて行かない・行かない

ホテル代を浮かせようとして自分の家に連れていくと、後に窃盗やストーカーなどの被害に遭うことがあります。逆に相手の家に行くと、男が待ち構えていて現金を脅し取られたり、さらなる恐喝に遭う可能性もありますので、どんなに仲が良くても初対面の人とは必ず公共の場やホテルで会うようにしてください。

 

相手の家に入るということは相手のテリトリーに入ることであり、そこでは何が起こっても自分が不利な立場になります。「ホテル代が浮くからラッキー」なんて悠長に考えていると大きなトラブルに巻き込まれてしまいますので注意してくださいね。

 

100人以上のヤリマン女とセックスできた出会い系サイト!タダでやらせてくれる女をゲット!

このページの先頭へ