MENU

出会い系サイトでヤリマン女がが会いたくなる写メの撮り方

出会い系に写メを載せるというと抵抗がある人もいるかもしれませんが、恥ずかしがっていては会えるものも会えません。写メがあればそれだけでタダマンに近づく、それほど大事なものです。

 

見た目に自信がないし、どうせうまく撮れないし…そんなあなたも心配することはありません。出会い系の写メは雰囲気や好感度が重視されますので、チャンスは平等に与えられています。

 

このページでは誰もが会いたくなる写メの撮り方を伝授しますから、奇跡の1枚をゲットしてセフレもサクッとゲットしちゃいましょう。

太陽光の下で撮る

室内や蛍光灯・電球の下は顔がはっきり写りすぎてしまいますので、外見にあまり自信がない…そんなあなたはうまく顔をぼかしてくれる太陽光の下で笑顔で写メを撮りましょう。

 

太陽光は肌を綺麗に見せてくれますので、誰でもアイドル級の笑顔が手に入ります。狙うは顔全体がはっきり写っているものよりも、多少ピンボケしてしまったもの。

 

光の反射で雑誌の1ページのようなオシャレな雰囲気を出すことができますし、太陽と笑顔のコンビは間違いなく万人ウケします。但しサングラスは見る人に威圧感を与えてしまいますから、どんなに眩しくても使わないようにしましょう。

角度は横からがかっこいい

一般的に自撮りは斜め上からと言われますが、男性がやるとナルシストぽくなりやすいのでお勧めできません。また顔全体が写ってしまいますのでコンプレックスも隠しようがなく、イケメンに見せるのはとても難しい角度です。

 

しかしカメラを横にずらして撮ると、目が細い、鼻が大きいなどのコンプレックスが目立たなくなり、さらに顔がほっそり見える効果もあります。あからさまな横顔は怪しまれますが、正面からほんの少しずらしたり右斜めや左斜めなど色々試して、あなたのかっこいい角度を探してみてください。

最低でも100枚は撮る

相当なイケメンでない限り、これぞ!という写メはなかなか撮ることができません。角度や表情を少しずつ変えて延々と撮っていけば、そのうち「これは本当に自分?」と思うような奇跡の一枚に出会うことができます。ポイントは一枚一枚撮って確認するのではなく、ダーっと何十枚か撮ってそこから見ていくこと。その方が自然な表情を写メに収めることができます。

奇跡の一枚を画像加工ソフトで加工する

これぞ!という一枚が撮れたら、更にそれを画像修正ソフトで加工して雰囲気のある一枚にしてみましょう。そこまでするの?と思うかもしれませんが、たかが写真、されど写真。

 

出会い系の出会いは写真から始まると言っても過言ではありませんので、ここに力を入れると会える確率がグンと上がります。ただ目鼻立や体型を大きくいじると別人になってしまいますのでやりすぎは禁物です。

 

100人以上のヤリマン女とセックスできた出会い系サイト!タダでやらせてくれる女をゲット!

このページの先頭へ