MENU

出会い系サイトに潜む援デリ業者とは?

一昔前まで出会い系の大きな問題と言えば、業者が会員に扮する「サクラ」でしたが、近年は「援デリ業者」と呼ばれる違法売春斡旋業者が急増しています。

 

援デリ業者は出会い系を利用して客引きを行い違法営業をしているデリヘル・ホテヘル業者ですが、家出少女など18歳未満の少女を派遣させたり、全く客のつかないデブやブスをつけたりと、非常に悪質なことでも知られています。

 

こうした援デリ業者の出会い系への登録や書き込みはよく見れば比較的簡単に見分けることができますから、痛い目に遭わないためにも、援デリ業者の特徴や手口をしっかり覚えておいてください。

プロフィールがわざとらしい

援デリ業者はさっさと会ってセックスをすることが目的ですから、わざとらしいほどにそれをプロフィールでアピールしています。「女としての悦びをもう一度味わいたい」「未亡人で体が潤いを求めています」など、普通の女性はまずこんなことは言いません。

 

例えセックス依存症のビッチでも、誰もが目にするプロフィールに過激なコメントはしませんし、官能小説やエロ本のタイトルのような文は援デリ業者がよく使う表現です。ムラムラしているとついこうしたエッチなプロフィールに目が止まってしまいますが、一旦冷静になって援デリ業者か疑ってみることをお勧めします。

即会い希望

援デリ業者が求めているのはお金だけですから、とにかく即会いを希望します。一般的なメールのやり取りと言えば、お互いのことを話して少しずつ仲良くなるパターンですが、援デリ業者は数をこなさないといけませんので、旦那がいない昼間がチャンス、夕方前には子供の迎えが会えるのでそれまでになど、いかにもな都合をつけてすぐにでも会おうとします。

 

もちろん即会いセックスは大歓迎ですが、それはタダマンではなく援デリ業者です。「最初だけ2万円」などとお金を要求してきますので、バッサリ切り捨ててしまいましょう。

 

出会い系サイトのサクラの特徴とヤリマン女の見分け方

「最初だけ」の謎

援デリ業者がお金を要求してくる場合、必ずと言って用いられるのが「最初だけ」という言葉です。理由として用いられるのは「相性確認のため」「初めて会う人だから不安」というものが代表的ですが、よくよく考えてみれば非常に不自然なこの理由。2万円を払えば相性が分かる訳でもないし、2万円を払ったからといって不安が拭えるものではありません。

 

つまりこれは男性からお金を取るための言い訳でしかなく、「最初だけ」と付け加えることで、次からはお金を払わなくてもいいんじゃないかという期待を与えるために使われます。素人女性との不倫やセフレであれば何回ヤってもお金がかかることはありませんので、こうした援デリ業者に引っかからないように十分注意してください。

 

100人以上のヤリマン女とセックスできた出会い系サイト!タダでやらせてくれる女をゲット!

このページの先頭へ